更年期障害👩‍🦰

 

更年期障害👩‍🦰

こんにちは😊

奈良県生駒市リラクゼーションスクール&サロン「おうちサロンしゅろ」のちばです。

今回は中年期にさしかかった女性が必ず通る更年期のお話をします。

更年期には様々な症状が出る方がいます。私も今思えば・・・という症状がありました。冬なのに、私だけ顔が汗だくになってハンカチで拭き拭きしておりました。その時は気がついてなかったのですが、どう考えてもあれは異常だったなと数年経ってから思い出し、、というのんきな自分にあきれております😅

更年期に起きるトラブル

女性は年齢を重ねると、45歳前後を境に卵巣機能が衰え、女性ホルモン(エストロゲン)が減少していきます。そして閉経を迎えるのですが、その前後10年間が更年期と呼ばれます。

ホルモンバランスが乱れることによって、イライラや憂鬱感が高まるほか、自律神経(体温・呼吸・血圧・情動・睡眠などを管理)をコントロールしている脳や骨などにも影響して様々なトラブルや不調が生じます。

これらの症状の程度には個人差があります。

男性にも更年期はありますが、急激にホルモンバランスが減少する女性に対し、男性は徐々に減少していくため変化がわかりにくく、これまで注目されることも少なかったようです。

更年期に起こる症状

ほてり、のぼせ、多汗・めまい、耳鳴り・手足のしびれ・便秘、下痢・冷え・肩こり、腰痛・食欲不振・息切れ、動悸・頭痛・のどの渇き

更年期障害かな?と思ったら・・・

急激に減るエストロゲンにより、高脂血症や動脈硬化で心臓血管障害になりやすく、骨粗鬆症による骨折も増え、皮膚や膣が萎縮します。神経や血管にも影響を受け、不眠やほてり、多汗などの症状も出ます。こうした症状は女性ホルモンの補充である程度改善されますが、エストロゲンは乳がんや子宮体がんにも関わるので、ホルモン補充は医師の指導に従いましょう

ただ、実際の更年期障害には、肩こりやめまいや情緒不安定や疲労感など、不定愁訴といわれる広範囲な症状があり、これらが全て女性ホルモンのせいとは言えない面があります。おそらく更年期と、家族関係や仕事など女性が心身共に大変な時期が重なって、過度に更年期障害のためと捉えられている面もあります。

甲状腺機能低下やうつ病、心のケアなど別の方面からの診断やケアも重要です。

おすすめのアロマオイル

イランイラン・オレンジスイート・カルダモン・クラリセージ・グレープフルーツ・サンダルウッド・ジャスミン・ジュニパー・スペアミント・ゼラニウム・ネロリ・パチュリ・フランキンセンス・ベティパー・ベルガモット・ローズ

アロマバームの作り方

イライラしたり、不安になったりしたときは、アロマバームをそっと塗布しましょう。心を明るくしてくれる優しい香りに包まれましょう

植物油 25ml

ミツロウ 5g

お好きなアロマオイル 3滴

1、植物油とミツロウをビーカーに入れる

2、ビーカーごと湯煎にかけ、ミツロウが完全に溶けたら、中身をガラス棒でよく混ぜ合わせ、火を止めてビーカーを取り出す

3、粗熱がとれたら、すばやく精油を加えてよく混ぜ、固まるまでおいておく

#奈良 

#生駒 

#マッサージ 

#セラピストになるには 

#マッサージ教室 

#マッサージスクール 

#リラクゼーションスクール 

#マッサージレッスン 

#資格 

#一日講座 

#おうちサロンしゅろ 

 #更年期

 

 

関連記事

  1. ルミナスリフトの詳細

  2. セラピストになるためのお話「リンパとは?」

  3. セラピストになるためのお話「血液の巡り🅰️🆎🅱️🅾️」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA