腰痛

>

当店にお越し下さるお客様の中で
肩・首の次にお疲れを訴えられるのが多いのが
「腰」です。
私も慢性的な腰痛で悩んでいます。
たまにぎっくり腰になったりもします。
腰痛になるにも原因が
色々あるのでお話しますね

腰痛を訴えられたら確認するべきこと

内臓を疑う

腰が痛い・・・と訴えられたらすぐにマッサージをするのではなく、まずカウンセリングをする必要があります。

「お腹が痛い」と訴えられたらまずマッサージではなく、内臓を疑うのと同じことです。

・体を動かさなくても痛い

・夜間に痛い

・なかなか治らずに悪化している

・熱がある

などの症状がある時は必ず医師に相談してもらいましょう。

内臓が原因でない場合

内臓が大丈夫だとしても、腰痛には様々な原因があります。

急に起きた激烈な腰痛を「ぎっくり腰」と言いますが、それですら同じ原因ではくくれません。

筋肉・筋膜・骨・関節・神経それぞれにあり、それらが絡み合った場合もあります。

障害が筋肉(筋膜)だけの時は、ものすごく痛いですがあまり心配はいりません。無理のない範囲で少し動いた方が血行が良くなって早く良くなります。

しかし、骨や関節の問題で腰痛がひどい場合は安静にした方が良いです。

上下に重なる椎骨の間には小さい関節がいくつかあり、そうした部位が損傷している場合があります。

椎骨では本来連結している上下の椎骨が分離したり、前後に滑って位置関係がずれることもよくあります。

高齢者や糖質コルチコイド薬を内服している人は、骨が弱くなり椎骨が潰れる圧迫骨折が起きることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアによる痛みは、椎間板が飛び出て脊椎神経を圧迫した時に起こります。圧迫された感覚神経の担当部位が傷み、坐骨神経の場合は痛みは腰だけではなく下肢にも及びます。

このようなグッズを使ったり、お風呂にゆっくり浸かる、当店でラジオ波をご利用される、、、等で神経痛は急性期以外は温めると良くなる場合が多いので保温してください。

痛み以外にしびれや筋力低下があるときは、ヘルニアや脊柱管狭窄症によって脊髄が圧迫されている場合もあるので精査が必要です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました😆

 

 

#奈良 

#生駒 

#マッサージレッスン 

#リラクゼーションスクール 

#マッサージ教室 

#ボディマッサージ講座 

#リンパマッサージ講座 

#ヘッドマッサージ講座 

#ハンドマッサージ講座 

#足つぼ講座 

#腰痛

 

 

 


関連記事

  1. セラピストになるためのお話「リンパとは?」

  2. 夏の疲れ🎐

  3. 目の疲れを解消する方法👀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA