セラピストになるためのお話「血液🅰️🆎🅱️🅾️」

血液

こんにちは😊

奈良生駒リラクゼーションスクール&サロン「おうちサロンしゅろ」のちばです。

今回は「血液🅰️🆎🅱️🅾️」のお話をします😊

人体の約60%~70%は水分でできていると考えられており、水分を細かくあげると血液・組織間液/リンパ液の2種類に分けられます。血液の成分でもある赤血球や白血球は骨髄でつくられており、赤血球に含まれるヘモグロビンが酸素や炭酸ガスを運搬しています。

又、白血球には細菌や異物が体内に侵入した時に生体を守る働きがあります。

血液は、心臓を起点として全身に循環されています。

血液成分の働き

【赤血球】酸素や不要な二酸化炭素を運ぶ。赤血球の中にはヘモグロビンという酸素と結びつく赤い色素があります。人間の血が赤いのは赤血球が全血球の体積のほとんどを占めているからです。ヘモグロビンが赤いのは鉄が入ってるからです(錆びた鉄は赤いですよね)貧血と鉄分の関係はここにあります。

【血小板】細胞がバラバラになった断片です。血管が破れた時にそこに集まって穴を塞いで止血したり、血液を凝固させます。

【白血球】侵入してきた異物を殺す

【血漿】血液中の水分のことです。細胞の新陳代謝によってできた老廃物を持ち去る。必要な物質を全身に運びます。

 

次回は血液の巡り方のお話をします😊

最後までお読みいただきありがとうございました😊

#奈良#生駒#マッサージ#資格#セラピスト養成#マッサージ教室#マッサージスクール#リラクゼーションスクール#マッサージレッスン#手に職#一日講座#おうちサロンしゅろ #血液

 

関連記事

  1. 女性ホルモンとは?👩‍🦰

  2. アロママッサージの効果

  3. 光フェイシャルでシワ・たるみ・トラブル肌撃退💆

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA